生命機械情報システム創成学研究イニシアティブ

LiVEMECHX

研究の目的と概要

大阪大学のロボティクス&メカトロニクス研究グループと阪大の機械系・情報系・生命系システムに関するオンリーワンのシーズ研究を結集し、全く新しい発想の柔らかい生命機械情報システムの創成を目指します。
制御理論、モデリング、マイクロナノメカニクス、先端計測技術、再生医療等を駆使して個々のニーズに向けて収斂させるNBIC分野(ナノ、バイオ、情報、サイバネティクス)を融合推進し、この分野で世界のトップランナーを輩出する研究基盤体制を確立し、国内外に発信していくことを目的とします。

目標

ロボティクス&メカトロニクスに関する最先端の技術、制御理論、モデリング、バイオメカニクス、マイクロナノテクノロジーと生命動態システム科学や再生医療分野に関する知見を密接かつ有機的に組み合わせることにより、それぞれの研究分野単独では決してなしえなかった新たな研究が実現できると大いに期待でき、工学研究科外への展開、連携を想定しています。今後、生体のように柔らかい生命機械情報システムの分野を開拓し、ソフト&ウェットロボティクス設計論構築や医療用・環境適応マイクロマシン、人工細胞、臓器、ソフトアクチュエータ等の研究展開を計画しています。

組織

代表者
森島 圭祐       機械工学専攻 教授
構成メンバー
金子 真 機械工学専攻 教授
大須賀 公一 機械工学専攻 教授
細田 耕 情報科学研究科マルチメディア工学専攻 教授
杉原 知道 知能・機能創成工学専攻 准教授
石川 将人 機械工学専攻 准教授
東森 充 機械工学専攻 准教授
清水 正宏 情報科学研究科マルチメディア工学専攻 准教授
秋山 佳丈 高度人材育成センター・グローバル若手研究者フロンティア研究拠点 講師
杉本 靖博 機械工学専攻 助教
多田隈 建二郎 機械工学専攻 助教
浅野 豪文 機械工学専攻 助教